アレルギーの子供持つ親の料理教室

身は、調理スクールをしています。

最近注文があって、アレルギーの子供がいるママへの調理スクールを行いました。

プログラムはお芋や米粉によるヘルシーなお輩だ。

ほんとに好評でうれしい瞬間を明かすことが出来ました。

身はアレルギーには細かくなかったのですが、これを機に実情することにしました。

もともとはナースの仕事をしていたのでご飯指摘などはしたことがありました。

アレルギーの会にも参加するようになり知ったのが、とってもアレルギーが重複している子供が多いということです。

小麦、卵、乳製品、米、大豆といったこういう5部類がアレルギーの自分がいて、ご飯が面倒弱るに関してでした。

身は、食育の免許を取り去りましたので本当に色々な五里霧中を通じていよいよお弁当に添えることが出来るやり方や
安心して食することが出来るお輩などを考えました。

更に楽しかったのは皆で開催したクリスマス宴会だ。

クリスマススウィーツを食べることが出来ない乳幼児が沢山いたのですが、それぞれのアレルギーを起こすメニューを除去して
作ったスウィーツは皆が摂ることが出来た意外と笑顔で牛乳がいっぱいになりました。

アレルギーを有するママの不安はとても高いものです。

これからも協力していきたいと思います。

ミュゼ香林坊

ドキドキの合格発表当日

今日は、公立高校生の合格発表のお日様でした。

ムービー屋に勤務して要る身は、高校生の終了アルバムの役回りもしているので、資料のムービーを写真をめぐっていました。

朝予め、たくさんの生徒君や親の皆さんで、校舎の前はごった返していました。

そんな中、私たちの地域の中学たちの一団が、合格広告を見に来ていました。

私の息子は今中学園2年生なので、翌年が高校生受験だ。

一団の中の1自分が「息子君、いつの高校生行くか決めているの?」って聞かれたので、「まだわからないけれど、およそここの高校生だとおもうよ。
」と言っていた身だ。
本当に息子は昔こういう高校生に通うと言っていたので。

私の住む市内には高校生が2つあるので、恐らくはどちらかの高校生に通う事になるはずです。

但し、身が今どき合格発表の役回りに行った高校生は、私の母校ではありません。

身は、市内にいまいちある高校生の卒業生なのです。
はっきり言って実家からは遠いし、鉄道でなければ伺えません。

今日の高校生の方が間近いし、自転車で行こうと思えば通えるキロだ。

自分の母校に通わせたいのが親心というところですが、生計の事を考えるとやっぱ迷うのが意見だ。

小中学校とも、人間夫妻の母校に通っていた事もあり、複雑な気持ちだ。

ともあれ、高校生に合格された方々、必ずおめでとうございます。
これからも頑張って。